ヌージのインドアブログ

ゲーム情報レビュー攻略や映画のレビューなど主に書いていくインドアライフなブログです。

本日発売【テイルズオブヴェスペリアREMASTER】それとテイルズオブシリーズのおすすめ

どうもヌージです。

本日1月11日にテイルズオブヴェスペリアREMASTERが発売されるということで、今回はテイルズオブシリーズをおすすめしたいと思います。

何作かこのシリーズはプレイしましたが、僕が特に面白かったと思った作品をピックアップして紹介します。

割とミーハーな意見かもしれませんが、このシリーズが気になってもらえれば幸いです。

 

 

 まずREMASTER作品ですが、新発売で本日発売のテイルズオブヴェスペリアREMASTERから紹介します。

テイルズオブヴェスペリアREMASTER

リマスターなので過去に発売されたものとほぼ一緒です。

ですがもちろんリマスターなので解像度の向上などグラフィックがよくなっていたり、PS4ではフレームレートも向上して、快適なプレイができるようになっているそうです。

また過去に有料だったDLC(ダウンロードコンテンツ)も同時収録されているのでお得です。

PS3版からの変更点 公式サイトです。↓

https://tov10th.tales-ch.jp/remaster/system/change.php

 

発売日

2019年1月11日

 

対応ハード

Play Station4

Nintendo Switch

Xbox One

STEAM

 

レビュー&紹介

 ヴェスペリアは過去に発売されたPS3版も元に書いていきます。

ヴェスペリアは僕がテイルズオブシリーズで特にハマったものの1つです。

テイルズオブシリーズといえば、RPGですが、アクションRPGであり結構アクションがあります。

 

戦闘面

シリーズの中でもヴェスペリアはアクション性が高く、戦闘で動かしやすく、そのため面白いです。

なので戦闘面が特に評価できるポイントです。

3Dフィールドの戦闘で、設定されたライン上で敵まで動く通常移動とフリーラン移動で戦闘フィールド上を自由に動かせる移動方があり、操作性はシリーズ中でも良い方だと思います。

攻撃は通常攻撃からTP消費攻撃と繋いだり、コンボを叩き込む格ゲーさながらのアクションの楽しさがあり、シリーズのよさは受け継がれています。

またシリーズおなじみの秘奥義はこの作品もありカットインが入り、派手な演出と大ダメージも入る。

さらにオーバーリミッツなるものは攻撃をしたり、受けたりで溜まり、普段は連携に限界があるものを無理やりできたり、TP消費がなくなるなど戦闘を有利にできるシステムも良いです。(レベルがあり高いほど効果も良くなる。)

これであるキャラがだいぶ壊れた性能というか行動をできて面白いんですよ。

 

 それとこの作品での醍醐味となるフェイタルストライクがあることです。

フェイタルストライク

 ザコ敵を一撃、ボスに大ダメージと戦闘に爽快感を増すシステム。

上、下、横と方向属性が設定されていて、対応した術技を繰り返すと術式が発動されてボタンを押すと効果発動となり、上記の即死や大ダメージとなる。

かたい敵などもこれで対処できたりとRPGでグダリやすくなる戦闘に噛み合うシステムだと思います。

 

これらが特にヴェスペリアでの戦闘で注目の要素です。

(他にも戦闘システムはあります)

 

ストーリー

それとRPGで重要視されるもう一つの点というかメインであるストーリーですが、世界観に引き込まれるようなものだと思います。

正式なジャンルとなっている「正義」を貫き通すRPGというように正義について考えさせられるものです。

正義の在り方はどうなのか?というのがテーマですね。

RPGで主人公が明らかに敵を裁くのは衝撃です。

後半になると話のスケールが変わりますがw

ストーリーに展開があり面白いです。

一部ご都合展開が見られますが、楽しみやすいと思います。

王道でないのが良いなら気に入りやすいのでは?

 

総評

なにより戦闘の楽しさがこの作品の良さだと思います。

ストーリーも世界観に引き込まれて楽しめるものです。

キャラもそれぞれが個性豊かで魅力的です。

 このシリーズ全般に言えることでもありますが、やりこみ要素はてんこ盛り。

(時間がかかるとも言えます)

シリーズの中でもハマれる作品の1つです。

DLCが高いと言われるバンナムですがリマスターではソフトに同時収録されているので、買えなかった人や買わなかった人もリマスター版はおすすめと言えます。(テイルズでは主に衣装などがDLCですが)

 

テイルズオブグレイセスエフ

 

発売日

2010年12月2日

廉価版2012年8月2日

対応ハード

PlayStation3

 

レビュー&紹介

この作品が僕がテイルズでプレイした中で一番面白かったです。

正直ヴェスペリアじゃなくてこれをリマスターで出して欲しかったですw

 

 グレイセスエフもアクション性が高く、戦闘が楽しいです。

そこが特に評価が高いポイントです。

 

戦闘面

今作も3Dの戦闘です。

まず通常攻撃が廃止されています。

A技とB技の切り替えで攻撃をしていくが〇✖で切り替えできるので難しくはないです。

切り替えと聞くと厄介そうですが簡単ですし、本来の通常攻撃的なA技だけでもそれらしく戦えます。

それと従来のTP消費で術技を使い戦闘するシステムではなく、PS2デスティニーにあったCC(チェインキャパ)システムである。

攻撃や回避行動によってCCの数値が減る、武器によって数値が違い、物語が進んでいけば操作性も増す。という武器も操作も楽しめるものです。

操作性に関して3D戦闘でフリーランの動きやすさがあったが今作はフリーランはあるがその操作性は減少。

しかしCCシステムとアラウンドステップという前後左右にステップするシステムが噛み合い戦闘がやりやすく面白く感じれます。

アラウンドステップもステップしたい方向にスティックを倒したり、スティック+▢と操作も簡単です。

これらを駆使して攻撃していくのは爽快です。

また、シリーズそれぞれである特殊状態のゲージですが、エレスゲージなるものがある。

戦闘中の行動で溜まり発動するとエレスライズとなりCCが常に全快になり、やりたい放題になる。

おなじみ秘奥義もこの溜まった状態で発動できる。

敵にもゲージがあり発動されると攻撃してものけぞらなくなる。と敵に有利になる。

 

 いろいろ戦闘アクションシステムが多く難しそうですが、字面ほど難しくなく、むしろテイルズシリーズ中でもやりやすく爽快な部類です。

 

その他のシステム

・エレスポット

ゲーム中エレスポットを獲得してアイテムをセットするとエナジーを消費して確率で、アイテムを入手できたり、効果を得られる便利システム。

 使うほどエナジー最大値が増え、アイテムセット数も増えるといった、やりこみ要素もある。

・デュアライズ

いわば合成や調合といったシステム。

2つのアイテムを合成したり、武器を強化などこちらも便利かつやりこみ要素。

 

ストーリー

幼年期編、青年編、未来への系譜編とあり順に主人公の成長を追っていけるのが良いと思います。

事件を解決しつつ、規模の大きな話になると割と王道ですが客観的にも悪く言う点が少ないと見れます。

ギクシャクしている時もちょっとありますが、ほのぼの感が結構あります。

恋愛要素もあり、そういうのが好きな方はより気に入るのではと思われます。

安定を取ったストーリーが好きならという感想ですかね。

 

総評

とにかく戦闘がおもしろいです。

操作も比較的簡単でかつ楽しめてアクションしてる感もあります。

やりこみ要素もシリーズおなじみで満載。

全体的にクセが少なく万人におすすめできます。

(テイルズはアニメ調なのでそれがダメならダメですがw)

 

 

さいごに

2つの作品が特におすすめです。

それ以外ももちろん面白いものはあります。

テイルズオブシリーズはキャラに魅力があるものが多いので、キャラ目当てでもいいと思います。

ヴェスペリアはリマスターがでるのでこの機会にプレイしてみてはどうでしょうか。

シリーズを知らない方に気に入る作品が見つかればいいです。

 

おわりです。ありがとうございました!