ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

シュワちゃんがお好き?結構!これを見ればますますシュワちゃんがお好きになりますよ。シュワ映画13選。

どうもヌージです。

シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーはもはや誰もが知るアクションスターですね。

元ボディビルダー、実業家、元知事、映画俳優とマルチに活躍されているスターです。

11月8日にもターミネーター新作が公開されましたね。

人気のターミネーターシリーズですが、それ以外にも面白い作品がたくさんあるので、ざっくりした内容説明とちょっとした感想を添えて紹介します。

OK?

第13位 ターミネーター

反乱を起こした機械・人工知能と人類の戦いの中で、人類の要であるサラ・コナー抹殺の為に機械側が人型ロボットであるターミネーターを過去に送り込んできて激しい戦いになる作品。

抹殺という目的の為だけに淡々と追いかけてくるターミネーターの無機質な怖さと脆弱ながら知恵を持って立ち向かう人の戦いが魅力。

I'll be backのセリフも大人気。

第12位 エクスペンダブルズ2

バーニー(シルヴェスター・スタローン)率いるエクスペンダブルズがジャン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)率いる犯罪武装集団サングとドンパチする作品。

往年のアクションスター大集合といった作品のエクスペンダブルズ2作目。

往年のアクションスターたちが悪者をやっつけるというわかりやすいシンプルなアクション。

シュワちゃんはそこまで出ないが作中ではそれぞれのアクションスターにまつわるネタも散りばめられていてネタ的な面白さもあって好き。

第11位 シックスデイ

クローンを題材にした作品。

クローンでシュワちゃんが二人になって大暴れするのもシュワ映画として魅力的ですが、クローン技術の発達でペットなどクローンを作成することはどうなのかと考えさせられる一面もあり、アクションだけでなく興味深い作品。

第10位 トゥルーライズ

凄腕スパイのハリー・タスカーが家族に身分を隠しテロリストと戦うアクション映画。

悪と戦う派手なアクション要素もありながら、コミカルな要素もふんだんにあり、これまた見やすいアクション映画。

ええ、ゾッコンです。 

第9位 ラストスタンド

かつて敏腕刑事だったレイが今は国境付近の町で保安官として平穏な生活を送っていたものの、凶悪犯が町に迫ってきている事態になり、ラストスタンドとなったレイが文字通り最後の砦として戦う作品。

知事退任以降のそこそこ最近の年代の作品なので、年齢を重ねられているもののパワフルさは健在であり、老齢の保安官という役にもあっている。

第8位 ジングル・オール・ザ・ウェイ

主人公ハワードが息子ジェイミーのクリスマスプレゼントのために奔走するホームコメディ映画。

仕事で忙しい父が息子の為に頑張る姿は家庭的であり、その中で一般家庭でもありえる事がたくさんあり見ていてほのぼのしたり、悩ましい所も分かる一面もあり面白い。

雑だけど忘れずにアクション要素もあります。

クリスマスはこれかホームアローン見れば鉄板だと思いますw

ターボタイム!

第7位 バトルランナー

無実の罪を着せられた警官ベン・リチャーズが視聴率のためならなんでもありの番組「ランニングマン」に参加させられるアクション映画。

ベンが悪いとされているが無実を証明していき、番組のプロデューサー「キリアン」を追い詰めていくのはスカッとする。 

第6位 プレデター

ゲリラ部隊に捕らわれた要人を救い出すため、ジャングルに精鋭部隊が向かうもそこにはとんでもないものが潜んでいたというSFアクション。
派手なアクションとジャングルに潜むプレデターの恐怖が魅力的な作品。

ハイテク装備を使うプレデターに対して、知恵を用いて原始的な戦い方で戦っていくのも面白い。
プレデターのデザインも中々カッコよくて好き。

第5位 イレイザー

記憶やデータを抹消するイレイザーである連邦保安官ジョンが汚職や悪事に対して立ち向かうアクション作品。
ド派手な銃撃戦やパワフルなアクションはシュワちゃん作品の中でも特に多い方だと思う。EM銃でドンパチやるのは古い映画ながら迫力満点。
吹替のネタ性も高く面白い。

採点してやろうか?100点だよ。

第4位 キンダガートン・コップ

麻薬組織のボスの逮捕のため、ボス元妻を探すため彼女の子供のいる幼稚園に潜入捜査するコメディ(アクション?)映画。 

幼稚園児に奮闘するのがメイン。

悪戦苦闘する中、幼稚園児相手に警察学校ごっこをしてスパルタ教育をしていくのが笑えます。

シュワちゃんがスパルタながら思いやりがあり、園児たちも心を開ていき仲良くなるのが非常にほほえましい。

「幼稚園は最高だ!」と楽しそうで良い。

第3位 レッドブル

冷戦下の中、アメリカへと逃亡したマフィアをソ連から来たイワン・ダンコ大尉とアメリカのリジック部長追うアクション映画。

国家間の関係と二人の刑事の性格により初めはぎこちないが、同じ犯人を追う事で寡黙で真面目なダンコ大尉とお調子者ながら実力派しっかりあるリジック部長の友情が芽生え、やりとりが面白くなるのが良い。

作品の流れの良さと吹替のネタ性もあり見やすいです。

第2位 ターミネーター2

ご存知ターミネーター2作目の作品。

前作に引き続き人工知能と人類の戦いを描いた作品。

今作ではターミネーター同士の戦いも見られることで人気もさらに爆発。

戦いの中でジョンを守るためだけにプログラムされたターミネーターとの絆も芽生え、派手なアクションだけでなく、人情味も感じられて面白い。

ネタもちょこちょこあり面白い。 

第1位 コマンドー

わかりやすいアクション映画であり、アクション映画の金字塔ともいえる作品。

元コマンドーのメイトリックスは隠居して娘と平穏に暮らしていたが、かつての仲間たちと失脚させたアリアスに娘を人質に取られ大統領暗殺を依頼される。

娘を取り戻すためなんでもありで、暴れまわるという誰でも見やすいアクション。

マッチョマンが悪いやつをぶっとばす。シンプルにそれだけ。

翻訳もネタ性があり、声優の吹替の噛み合い具合がよく、流れるようなテンポで会話が繰り広げられていくためそこも面白い。

まとめ、さいごに

シュワちゃん主演(出演)映画はド派手なアクション、爆発とジョークやコミカルな要素があってどれも見やすいと思います。

内容自体もシンプルに分かりやすいものばかりです。

あと、調べると古い作品でも案外ブルーレイが発売されているのが驚きましたw

おわりです。ありがとうございました!