ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 たまに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【ロックマンX4】について語る。

どうもヌージです。

 

今回はロックマンX4について書きます。

先日紹介したアニコレの1の方に入っています。

もちろん単品でも発売、配信されています。

 

僕はロックマンXシリーズで1、2を争うくらいこのX4が好きですね。

難易度もこのシリーズの中では低めです。

  

ちなみに発売されてから結構経っているので、割と知られていますが、主題歌は仲間由紀恵さんが歌っている。

オープニングとエンディングのどっちもですね。

 

特にオープニングは結構聞いてしまいますw

僕は好きですね。

 

ロックマンX4とは 

ロックマンXシリーズのナンバリング4作目。

 

プレイステーション、セガサターン、MicrosoftWindows、ゲームアーカイブスで発売されている。 

発売元、開発元:カプコン

ジャンル:アクション

 

ゼロがプレイキャラとして使えるようになる。

前作でも使用できていたが今作から選択できて、確定的に使用可能となる。

エックスのようにバスター攻撃主体のアクションからセイバー攻撃メインに切り替わりエックスとの差別化がしっかりされている。

特殊武器も違いラーニング技でボタン一つではなく、コマンド入力となっている。

 

アニメカットシーン、ボイスが導入される。

前作X3までスーパーファミコンであったが今作からプレイステーションなど次世代機なったので、アニメやボイスが入ったりグラフィック進化がよくわかる。

ロックマンX4のストーリー

今作からアニメも導入されることもあってわかりやすいです。  

 

レプリロイドだけ構成された軍隊レプリフォースとイレギュラーハンター(主人公エックスやゼロたち)は共に協力関係だった。

しかしある日巨大イレギュラーが、空中都市スカイラグーンを襲う。

巨大イレギュラーがレプリフォース仕様だった事などでレプリフォースが疑われてしまう。

イレギュラーハンターは指揮官であるカーネルに投降を求めたが軍人のプライドの為に拒否してしまう。

その結果、レプリフォースはクーデターを起こし、イレギュラーと見なされてしまう。

  

これがこのゲームのオープニングステージの内容、ストーリーの始まりといったところです。

 

これまでのロックマンXシリーズにも、もちろんストーリーはありましたがアニメ等でアクションゲームながら考えさせられるストーリーとなっています。

主人公エックスやゼロも戦いに悩んでいることがよくわかり、よりこのシリーズに感情移入できるのが本作だと思います。 

二人のプレイキャラ 

プレイキャラが二人になったのも今作の魅力です。

二回分は少なくても楽しめます。 

ゼロがプレイ可能に! 

今作はプレイキャラが二人になり、ダブルヒーローシステムとなったのが、一番の魅力です。

特にゼロにハマる人がかなり続出したとも思います。

セイバーを使う事でエックスとのプレイの違いがあり、同じゲームでも単純に2回分はそれだけも遊べるのがいいです。

作中のストーリーも二人によって違いがあり、ゼロがプレイできるようになったからなのかゼロの方がストーリーが濃いですw

 

赤いボディに金髪長髪といった見た目のカッコよさ、セイバーを使いステージを進むプレイの爽快感、声のカッコよさ(これは声優さんの良さですがw)これらがプレイも面白くする要因ですね。

 

ステージを進んでいく上で覚える必殺技(ボスクリアによって)は格闘ゲームのようにコマンドでアクションゲームのプレイの楽しさに繋がります。

コマンドといっても簡単なので爽快さを損なうことは無いです。

エックスはどうなのか? 

ゼロばっかり言っているけどエックスはどうなの?となりますがこちらも面白いです。

 

基本的にエックスの方がプレイは安定してできます。

第一におなじみのバスターで遠距離攻撃だから敵に近づかないで攻撃できるからですね。

それにこちらもシリーズでおなじみとなっているアーマーがエックスにはあります。

ステージ中に隠されたアーマーを見つければエックスの機能が強化されて、スムーズにプレイしやすくなります。

 

エックスのアーマーは四つあります。

 

ヘッドパーツ:特殊武器の消費エネルギー0になる(非チャージ時)

これ強すぎ

 

ボディーパーツ:ダメージ軽減、ダメージを受けたときのノックバックを無くす、ダメージを蓄積してギガアタックが使用可能になる。

 

アームパーツ:今作は2種類選べる。

ストックショットとプラズマショットがある。

前者はボス向き、後者は道中の雑魚敵を倒すのに向いてるという感じですね。

 

フットパーツ:空中でエアダッシュが使えるようになる。

ホバリングも使用可能になる。空中で少し浮いていられる。

 

アクションが苦手な方はダメージ軽減が一番恩恵が大きいでしょう。

そもそもの主人公ということもあってバランスがいいですね。

  

全体を通してのプレイ感想 

アクション、プレイについて

今作はこのシリーズの中で難易度が低めなので、アクションが苦手な方もプレイしやすいです。

アニコレのX4であればルーキーハンターモードもあるので、よりスムーズにプレイ出来ると思います。

ダメージも半減ですし、残機数の増加で残機が9あり、落下による即死もないのでやりやすいです。

 

動画で検証してみました。というか実演ですね。

(YouTubeアカウントも作ってみました。わからないことだらけですが。)

 

最初がルーキーハンターモードの状態ですね。

落ちてもスッと戻ってきます。えっ!ってなりますw

落ちても安心ですね!

 

 次が普通のモードoffの状態です。

落下すると爆発四散します。

ロックマン業界でティウンティウンと呼ばれるものです。

 

 アクションゲームが得意な方やプレイが上達した方でも、もちろん楽しいです。

まあ上手い人だともの足りない難易度というのは、否定できません。

実際慣れると楽です。

 

でも、クリア速度を競ったり、特殊武器を使わない制限プレイなどいろんな楽しみかたができます。

そういった速さや制限を設けてもこのゲームは苦にならないと思います。

 

万人にちょうどいい難易度な気がします。

 

ストーリーについて

 

レプリロイドである主人公たち、敵になる同じくレプリロイドのレプリフォース。

戦いについてそれぞれの苦悩が描かれていて、こちらも考えてしまう。

人間と変わらないんだなと思います。

8ボスたちも会話シーンがあり、面白いです。

明るい話ではありませんが、今作はアクションゲームながらストーリーに注目です。

 

 

まとめ

 

プレイしやすさ、難易度、歌、ストーリー全体的にいいと思います。

素直におすすめできるゲームです。

クリア後の隠し要素もあるのでそれでさらに楽しめますよ。(ググればすぐわかっちゃいますけどw)

プレイしたことない方はぜひやってみてください。

アニコレでやるのがおすすめです!

 

それとYouTubeの動画埋め込みをしましたが、その際に軽くする方法で表示しました。

参考にさせてもらったブログがあるので紹介させて頂きます。

丁寧でとてもわかりやすいです。

 

gamestart.hateblo.jp

 

僕のクリックすると再生って表示されてないけど、なぜなのかw

※64姉弟さんにコメントをもらい無事解決しました。

  

 おわりです。