ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【ロックマンXアニバーサリーコレクション1+2】レビュー&おすすめ

どうもヌージです。

 

今回は名作ロックマンXシリーズの25周年記念に発売されたロックマンXアニバーサリーコレクション1+2をレビューそしておすすめします。

ちなみに元祖ロックマンは30周年でこちらもコレクションが発売されている。

 

人気シリーズであり、スーパーファミコン時代からあるのでプレイした方も多いのではないでしょうか?

 

このゲームに限った事ではありませんが、コレクション物(シリーズが何作かまとめられた物)は単純にお得だと思います。
ソフト一本の値段で何本か入っているのはお得ですよね。
このソフトはなんと8本!
これだけでかなりゲームできます。
でも、X1~4までとX5~8までのアニバーサリーコレクションもそれぞれ発売されているのでどっちかでいいよという方は好みでそちらを買えるのもいいと思います。


1+2がコスパなど諸々含めて、僕はおすすめです!

 

 

ロックマンXアニバーサリーコレクション1+2とは

 

 

 

ロックマンXシリーズがまとまって1本のソフトに入っています。

X1~8の8本です。

 

X1~4が入っているアニバーサリーコレクション1とX5~8が入っているアニバーサリーコレクション2が一緒になったものでもあります。

ジャンル:アクション

対応ハード:PS4/Nitendo Switch/Xbox One/PC(steam)

 

書いていく内容はPS4基準で書きます。

 

レビュー等

 

 上記しましたが今までのタイトルが8本全部入っているのはかなりお得ですね。

発売されている現行のハードだと全作一気に遊べないのでこれでできますね。

いままで、PSのゲームアーカイブス等でプレイできても全作はできなかったので、その点も解消されたと言えます。

その中でもX8は、2015年にゲームアーカイブスに追加されましたが、X8はそれまでプレミア価格が付いていて中古でも5、6000円はしました。

 

僕も発売当時X8はやれていなくて、プレミア価格で買いましたw

 

 

それぞれのタイトルについてですが、ロックマンXシリーズはオープニングステージがあり、そこから8体のボスステージがあり、さらに最後ステージ3つと別れています。一番最後のステージは8体のボスステージのボスが全部再登場します。

そしてラスボスシグマを倒す。

 

これらが全タイトル共通でおなじみとなっています。

 

f:id:nujiblog:20181124135407j:plain

 

上の画像はX2の物です。

歴代8ボスは動物がモチーフとなっています。

タイトルによって違いますが、8ボスとカーソルが合っているXの部分が最後のシグマステージとなります。

これらを好きな順で選択してクリア、そしてシグマステージとなります。

自らステージを選べるのはいいですね。

またこの8ボスは、必ずどのボスクリアでも手に入る特殊武器のいずれかが弱点なので、それを狙ってクリアしていくのも一つのパターンです。

別に弱点の特殊武器でなくとも倒すことができるので大丈夫です。

 

 

ロックマンXシリーズはスタイリッシュなアクションとカッコイイBGMこれらが売りですね。

 

ステージが分けられているゆえのプレイしやすさ、確実なボスの倒し方など何回もプレイしたくなるゲームだと思います。

 

X1~X3まではスーパーファミコンで発売されたタイトルで、X4~X6までがプレイステーションで発売されたタイトル、X7とX8がプレイステーション2で発売されたタイトルです。

(一部別のハードで発売された作品もあります。)

 

発売元のハードの違いによってもプレイの違いやグラフィックの違いも味わえます。

PS2のX7からは3Dアクションとなり、かなり違いがわかると思います。

 

 

X4からはプレイキャラとして、ゼロが使用できます。(制限があるがX3から使える。正確に選択できるプレイキャラとしてはX4から。)

X7からはアクセルが使用できます。

 

キャラクターが増えることによってもプレイの幅が増えて楽しさも増えます。

 

  

追加要素

 

かけだしハンターモード

 

本作では今までに無かったゲームが簡単になる、かけだしハンターモードがあるので初心者にもかなりプレイしやすくなったと思います。

 

全作共通でダメージ半減となるので、初心者や久しぶりでプレイ方法を全然覚えていないという方にもプレイしやすいです。

サクサク進めて快適にプレイできます。

 

またX4~8では落下やトゲ即死も回避できます!これはすごいです。

これも本作に限った事では無いですが、アクションゲームというとプレイ難度がどうしても付き物です。

このモードは、初心者やアクションゲームが苦手な方にも敬遠せずこのシリーズがプレイできる内容と言えます。

 

このかけだしハンターモードはメニュー画面やタイトル画面などいつでも変更できるのでプレイ状況などで好みで変える事ができます。

 

 

Xチャレンジ

 

新モードであり、こちらも今までに無いコンテンツです。

タイトルを越えてボス2体を相手にするという内容です。

 

これは正直言って初心者は無理ですw

難易度こそ選べますが、2体同時はある程度やった方でも手こずると思います。

しかし、ネットランキングもあるので、やり込み要素や既プレイ者への新たなコンテンツですね。

 

ただし難しいですw 

 

ミュージアム

 

イラスト、BGM、グッズカタログなどこちらはシリーズファンほど嬉しい内容です。

眺めたり、聞いてるだけでもこのシリーズは楽しいです。

キャラのイラストはキャラの構造や後ろ姿など、ワクワクさせるものがありますし、グッズは昔気いったものがあったり、持ってないものを眺めたりコレクションといえるコレクター要素ですね。

 

なにより個人的に良いのがBGMですね。

ロックマンXシリーズはプレイの楽しさの人気もそうですが、BGMの人気が高い作品ですね。

カッコイイものが多いですね。

ロック調やメタル調などプレイしていてテンションが上がるものばかりです。

 

 

オリジナルアニメ作品

アニメ作品 THE DAY of Σ がHD画質で再録されています。

この作品は1にあたるロックマンXの前日の物語です。

プレイ前に見ると面白いのではと思います。

スーパーファミコン作品だとイベントやオープニングでアニメやムービーが無いのでこれがあるのは1の補助となっていいですね。

 

2以降も見たいなあ。

 

バージョン変更

 

海外版もプレイできます。

ボタンで変更可能。

これで同じゲームで2パターン楽しめます。

 

まとめ

 

なによりロックマンXシリーズを全てプレイできるのでおすすめです。

このシリーズはスタイリッシュなアクションとカッコイイBGM、手軽にプレイできる分けられたステージ、魅力的な8ボスとラスボスシグマ、そして何回もプレイできる楽しさがある。

 

アクションゲームの難易度を緩和できるかけだしハンターモードがあるので初心者でも快適にプレイしやすい。

 

現行ハードで発売されたことにより、トロフィーなどやりこみ要素も増えた。(ゲーム内でもハンターメダルというトロフィーと同じやり込み要素がある)

 

コレクションタイトルとして全体的な事を中心として総評しました。

それぞれの作品に良し悪しがあるかもしれませんが、タイトルがまとめられていて値段的にもかなりお得です。

 

プレイしたことが無い方はどうでしょうか?

昔やったことがあって、改めてやりたい人にもおすすめです。

僕は改めてやった派です。

 

全体的ではなく、後で1タイトルだけでも触れて書きたいと思います。

 

終わりです。