ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【鬼武者リマスター】あなたも一閃しませんか?

どうもヌージです。

 おすすめのゲームを紹介します。

リマスター作品なので、当時プレイ出来なかった人、ソフトを手放してしまった人などそういう方に特にプレイしてもらえればと思います。

僕も改めて購入予定です。

ちなみに僕はPS2で一番最初に鬼武者を買いました。

 

おすすめするのは鬼武者(リマスター)です!

一緒に楽しみましょう!

[:contents] 

鬼武者とは

当時のキャッチコピー。

空前絶後のバッサリ感

サンシャイン池崎ではない。

 

 

 

CAPCOM:鬼武者公式サイト

 

 2018年12月20日発売

PS4、NintendoSwitch、XboxOneで発売される。

PS4とNintenndoSwitchは3490円+税(こちらはパッケージ版の値段です。)

XboxOneはダウンロードのみ発売となっている。3280円+税

 

2019年1月16日

STEAMで発売される。

3231円+税

ジャンル:戦国サバイバルアクション

 

2001年にPS2で発売された。

戦国時代を舞台として幻魔との戦いを描いた物語である。

当時ゲームで俳優そのものといえるグラフィックでプレイできたのは衝撃でした!

主人公である明智左馬介秀満のモデルは俳優の金城武さんです。

PS2初期作品ながらあれほどまでのクオリティーのグラフィックは衝撃的でした。

お、本物じゃん!ってなるくらいでした。

 

ゲームシステム 

必殺

一撃必殺のカウンターである。一閃。

敵の攻撃を受ける直前に攻撃ボタンを押すと発動できる。

このゲームの醍醐味、やる意味とすら言える。(大袈裟ですが、実際かなりの爽快感です。)

 

普通の一閃以外にもガードした瞬間に一閃を放つ弾き一閃。

敵が数多くいると、巻き込む一閃。

このようなものもある。

 

かえでは

宙返り(R1+前+▢)

敵の裏を宙返りで取ったらR1+▢

首切り。

 

 戦術殻

鬼力とよばれるゲージを使用して発動する。

必殺技のようなものである。

武器ごとに違いド派手である。無敵時間を利用できて、緊急回避みたいにも使える。

出だしはダメージを受けてしまうので、敵の攻撃より先に当てれば無理やり回避の様になる。 

敵の魂を利用

鬼の力を得る事で鬼の篭手を装備する。(ゲーム序盤)

これで倒した敵の魂を吸収して、体力やゲージ回復また武器強化できる。

 

かえでが使用可能

ストーリーが進むとキャラが左馬介からかえでに切り替わることがある。

左馬之助と違うアクションで違ったプレイを楽しめる。

 魂は吸えません。

 新要素

リマスター作品であるため大体の内容は過去に発売されたものと同じである。

しかし新要素もある。

 

  • グラフィック向上
  • ワイド画面対応、画面比率変化可能
  • 画面スクロール機能追加
この辺は画面が見やすくなっている要素でしょう。
リマスターゆえの利点ですね。
  • 日本語ボイスを新規追加

金城武は左馬介役続行で他の役が変更されている。

  • 新操作&易しい難易度追加

これはかなりありがたい新要素である。

まず難易度追加ですが、当時の鬼武者は条件を満たさなければ易しいができなかった。アクションゲームで最初から易しいがないのは、なかなか初心者には厳しいので初心者に考慮されている。

 

次に新操作追加ですが、当時の操作方法に加えて、アナログスティック操作が追加されて動かしやすくなったのではないでしょうか。

PSやPS2初期のアクションアドベンチャー系のゲームなどは固定カメラの※ラジコン操作でありアナログスティック操作が無く、慣れないと操作がなかなかしづらいという欠点があります。

 
※ラジコン操作とは
名前の如くラジコン操作。
キャラクターの向きに関わらず十字キーの上を押せば前進、下を押せば後退、左右は方向転換する操作方法。
  

おすすめする要素、理由

当時のキャッチコピーのように爽快感があるゲームです。

リマスター作品なので、当時できなかった人、手放してしまった人が改めてやってみるのはどうでしょうか。 

新要素がかなりおすすめできます。

 

単純にグラフィック向上や画面比率対応など見やすいのはプレイするうえでありがたいです。

当時の操作方法ですと、正直操作しづらいという感想が多くの方にあったと思います。

実際そう感じました。新操作であるアナログスティック操作は快適にプレイできる要素でしょう。

ラジコン操作が染みついている人はそのままでもプレイできますし。

 

難易度易しいがあるのが初心者にもプレイしやすい要素になっています。

低難易度が最初からあるのはアクションゲームに抵抗があっても、プレイしようかなと思える要素ですね。

基本的に鬼武者はアクションゲームの中では難易度が低いと思われるので、不慣れな方でも上達していけるゲームです。

敵も理不尽に強い、滅茶苦茶動きが速い、わかりずらいといった事が無いので、ミスやゲームオーバーになってもパターンを見つけてズバッと倒して、アクションゲーム特有の爽快感が味わえるでしょう。

結構連打でイケますw

トロフィーも比較的簡単にコンプリートできます。

  

そしてなによりおすすめ!といえる要素が当時からある一閃ですね。

 

これなくしては鬼武者と言えないでしょう。

画期的なシステムだなと今でも思います。

意外と「カウンター」一発で倒すみたいな技はあまり他のゲームにはないですね。

一閃を出すタイミングが少しシビアですが、出せたときの爽快感はすごいです!

ボタン一つでできるのもいいです。

もちろんこれが出せなくても楽しいです!

やっぱりある要素としてできるようになるのは楽しいので、これのために上達する価値があります!

これは本当におすすめですね、ぜひともあの爽快感を味わってほしいです。

病みつきになりますよw

  

鬼武者シリーズは現在新作が出ていない状況で新しく発売となったのがこのリマスターですね。

この作品を含めて改めてこのシリーズの人気が出ればいいなとも思います。

1のリマスターが出たので、続編のリマスターもおそらく出るでしょう。

というか出てほしい。新作も。

おわりです。ありがとうございました!