ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

おすすめゲームランキング PS2 アクション編 15選

どうもヌージです。

今回はおすすめゲームランキングPS2のアクション編です。

説明、個人的な評価や感想と共に紹介していきます。15選です。

おすすめゲームランキング PS2 アクション編 15選

第15位 ボンバーマンランド2ゲーム史上最大のテーマパーク

PSボンバーマンランドの続編であり、ボリュームが大幅アップして進化したもの。

なによりこのゲーム最大の魅力アトラクションの増加が特に嬉しい点です。

前作同様のミニゲームのアトラクションをこなしたり、謎を解いていくボンバーマンランド、いつものボンバーマンモード、サバイバルボンバーマン、ランドアドベンチャー、カジノ、ぱにっくボンバーなど遊べるモードがとても多いです。

1人で楽しむのも良し、スコアを競い合ったり、いつものボンバーマンで対戦もよし。

ボンバーサムライ、NINJYAを結構やった記憶があります。

第14位 メタルスラッグコンプリート

アーケード人気の横スクロールアクションシューティングがメタルスラッグシリーズが詰め込まれたもの。

1からX含む6までの7作が入っている。単純に作品数の多さでお得。

シンプルな操作性と敵を倒していく爽快感が楽しいソフト。

ヘヴィマ、シンガン。ロォケットランチャァー。などの武器取得時のボイスもクセになる。

Xか3に特にハマっていました。

2人でできるのも〇。

第13位 ロックマンX8

2Dアクションで人気を誇ったロックマンXシリーズの8作目。

3DCGでの2Dアクションと一部3DアクションでXシリーズがさらに進化した作品。

なかなかシビアな難易度ながら、コツを掴む、ボスのパターンを読めばクリアしていける達成感も健在。

ヒーローチェンジで違う主人公を切り替えて攻略していけるのも面白いです。

クリア後引継ぎが可能で強化したまま難しい難易度に挑めたり、過去作より何回もできる楽しさが増えたと言えます。

音楽も他シリーズ同様にメタル調でカッコイイものばかり。

テーマソングのJanne Da ArcのWILD FANGも良曲。

第12位 侍道2

突如ふらっと現れた侍を操作して、自由な行動でマルチエンドに向かって行くアクションアドベンチャー。

操作は比較的簡単な3Dアクション。

色々なプレイが出来る事も楽しさの1つ。主人公も若者から壮年まで選べる。

町人、青門組、奉行所の3つの勢力を元にどの勢力につくかで様々なイベントが起こる。弱きを助ける人になったり、悪になったりと様々。

おふざけ要素も多いのも特徴。イベントでふざけた選択肢もある。

刀集め、強化とやりこみ要素もあり。

第11位 真・三國無双2

今作にして、今でこそ大人気無双シリーズの基礎が出来た作品。

簡単なアクションでアクションが苦手、ゲームをあまりやらない方でも手軽に敵をバッサバッサ倒していく爽快感が味わえるゲーム。

人気が出たのは、前作も同様の敵兵や武将を倒して勝利していくアクションでしたが、2人同時プレイが出来るようになったのが特に大きいポイントだと思われます。

また、装備が出たことで、アクションも強化されたり、コレクションしていくやり込み度も増えてやりごたえも進化。

さらに、対戦モードがあったりして2人プレイの楽しさに一役買っています。

 

今作が発売された時、僕の周りには三國無双の存在を知っている人はほぼいませんでした。僕もそうでした。

何やら面白いソフトらしいという噂が流れ、友人間で鬼のように流行りました。

三国志の事を広く知るきっかけになるのも良いかもしれません。

第10位  Grand Theft Auto: San Andreas

世界で超人気グランドセフトオートシリーズ。オープンワールドのクライムアクションアドベンチャー。

サンアンドレアスのギャングとなってやりたい放題できるゲーム。

広大なマップ、大規模なストーリー、派手にドンパチできたり、警察から逃げたり、オシャレして町をぶらついたりと自由度の高さ。

やりこみ、おふざけ要素と盛りだくさん。非日常的な体験、生活がこのゲームの何よりの人気の理由かなと思います。

第9位 龍が如く2

日本の繁華街をコンセプトに成人男性をターゲットにしたアクションアドベンチャーゲーム。のナンバリング2作目。

裏社会、ヤクザといったテーマを扱っているのは相変わらずで、実在の町をモチーフにしたステージ(町)はリアルさ、最限度も高く、今作ではステージが二つになったことで探索量も増えて街並みをより楽しめるように。

アクションも前作のシステムを引き継ぎつつ、アクションのバリエーションの増加、演出の強化がされ、アクションの楽しさと派手さがパワーアップしたと言えます。

シナリオは東西の極道組織のぶつかり合いや海外組織の乱入とスケールも大きく、敵として立ちはだかる関西組織の郷田龍司のキャラも印象も強く、作中の雰囲気にのめり込めると思います。

非日常の世界観と現実同様の街並み、施設が楽しめるのとシンプルながら派手なアクションが楽しめるのが売りですね。

第8位 天誅参

忍者を操り、忍びながら任務を達成していくステルスアクションゲーム。のナンバリング3作目。

ハードがPS2になったことで、グラフィックの強化が大幅にされキレイになった。

システムは引き継ぎつつ、操作性も上がって過去作よりもプレイしやすくなりました。

気配ゲージを察知して隠れながら進む緊張感、敵を背後などから仕留める忍殺、手裏剣をはじめとした忍具を使いこなし進むと言った忍者らしいステルスアクションの楽しさは健在。

対戦モードや協力プレイなども追加され遊びの幅も広がった。

ただ、対戦はほんとのおまけと考えた方がいいです。

OPテーマソングや作中の音楽など和風のBGMが作品にマッチしつつカッコイイです。

第7位 バイオハザード4

前作までのバイオシリーズとまた違ったシステムになったバイオハザードナンバリング4作目。2の主人公レオンが今作主人公。

アクション性が強くなり、移動面でも窓の飛び越え、場外物を乗り越えるなどのアクションの追加、敵に体術ができるなどとバリエーションの増加。

攻撃自体も3方向攻撃から狙いを付けて攻撃できるようになり、攻撃のしやすさや敵の部位や武器を狙えるなどと戦術面での強化もされた。

本編クリア後にできるマーセナリーズというミニゲームもとても面白く、制限時間内に敵を倒していくスコアアタックのゲーム。本作はアクション性が強くなったのでこのモードが非常に相性が良く楽しめます。

ただ、アクション面が強くなってホラー要素が薄まったとも言えますが、怖さを感じる部分もしっかりあり、アクションの楽しさとホラーのドキドキ感がマッチしています。

敵がしゃべる言葉の空耳が日本人ではおもしろく聞こえるのもネタになっている。ウンコダステロー、オッパイのペラペラソースなど。

実際はとても物騒なことを言っているらしい。

第6位 忍道 戒

天誅を作ったアクワイアが制作した同じくステルスアクションゲーム。忍者ゲー。

システム的は一撃必殺の忍殺(今作は血祀殺法)や敵の気配ゲージなど受け継いでいるものが多く似たような感覚でプレイ可能。ただ、血祀殺法のバリエーションは多くその点は強化されていると思えます。

ストーリーを進めていく任務は3つの勢力から請けられ、それによって状況が変わっていき様々な変化があるのも面白い。

任務自体も敵を倒すものから、荷物を移送したり盗む、アイテムを集めるとバリエーションが豊富。任務中にも目的達成だけでなく色々できる。

マップが箱庭タイプになっていて自由に移動できるのも快適。

素材アイテムを集め、調合していろいろな忍具を作れて、それを使っていける。

とにかく色々できますw

第5位 GOD OF WARⅡ終焉への序曲

ギリシャ神話を題材にした前作GOD OF WARの続編。GOD OF WARシリーズナンバリング2作目。

前作から非常にクオリティの高いグラフィック、ド派手で豪快なアクション、アクションをより引き立てるグロテスクさ。がさらに進化した作品。

ギリシャ神話の英雄、モンスターたちを相手に戦う映画のような迫力。

グロイ描写さえ耐えられれば間違いなく面白いと思います。

第4位 鬼武者3

鬼武者シリーズナンバリング3作目。

1の主人公明智左馬介を演じた金城武と新たな主人公ジャックを演じるジャン・レノのダブル主人公。

2人の主人公を使い分けを楽しめる。さらにもう1人もちょっと使えます。

お馴染み左馬介のアクションにジャックの鞭を使ったアクションで幅も広がりながら、概ね操作法は共通で無理なく覚えて操作できる。

従来のラジコン操作に加えてスティック操作もできるようになり、操作感も快適さが増した。

さらにシリーズテーマである一閃も今作ではより重点を当てられ、シリーズ中でも出しやすさが上がったように思えます。違う敵に繋がる、または連続攻撃できる連鎖一閃は爽快。

シナリオがハチャメチャな気がするが、アクション性の向上、戦国と現代という違う時代、異国の人物が出会った中での親交が深まる演出など良い点があるので、帳消し。

クリア特典も豊富になり、ミニゲームや短編のストーリーモードとやりごたえもバッチリ。

未プレイでも気プレイでも楽しめると思います。

第3位 メタルギアソリッド3 スネークイーター

メタルギアソリッドシリーズのナンバリング3作目。

単独で敵地に潜入し任務を遂行する、シリーズお馴染みのステルスアクション。

タクティカル・エスピオナージ・アクション(戦略諜報アクション)と公式ではなっている。

前作のシステムをベースにステルスアクションがより強化され、戦闘面では近接格闘術CQCの追加で、格闘や拘束といった接近戦でのアクションが向上された。

またカモフラージュ率が導入され、服装やフェイスペイントでパーセンテージが上がりかくれんぼ要素も強まり、潜入任務での潜入という要素が向上した。

ジャングルや丘というステージが多くなり、スタミナも動植物を捕まえて食べて回復というサバイバル要素も追加されシステムの広がりもすごい。

シナリオも60年代の時代背景を取り入れながら、ゲームと融合させているのは素晴らしいです。

演出をより引き立てるBGMもとても良いです。

第2位 デビルメイクライ3スペシャルエディション

デビルメイクライシリーズの3作目の完全版的な作品。

カッコイイBGMを聞きながら、カッコよくスタイリッシュに敵を倒していくやり込み性があり、楽しいアクションは健在。

3では主人公ダンテにスタイルチェンジが追加され、様々な戦い方ができるようになりシリーズ特有のスタイリッシュアクションがさらに進化。

が3の良い点ですが、それに加えてボスのバージルもプレイキャラになったのが今作。

スタイルこそ1つだけですが、完成度は高く、こちらもスタイリッシュな戦闘が可能。

スタイルが一つしかない分切り替えがなく(武器は切り替え有り)やりやすいという方も多いかもしれません。

第1位 GODHAND

魔王サタンを倒し平和をもたらした男の手とされるゴッドハンドを受け継いで、悪と戦うアクション(ゴッドアクション)。

ストーリーはなかなかにシリアスだが、北〇の拳を丸パクリパロディした今作中の世界観や他にも色々な作品のパロディが見受けられ、おバカな雰囲気が漂っている。

しかし、そんな雰囲気を一掃するほど凶悪な難易度を誇る3Dアクション。

難易度はEASY、NORMAL(クリアすればHARD)しかないものの、EASYですら他のゲームのHARDくらいはあると思われる。

アクションは素手のほぼ格闘のみですが、技のレパートリーが物凄くあり、様々な組み合わせで攻撃できます。

スウェーとダッキング、バックステップ、サイドステップといった回避技で避けるのみでガードは無し。

この攻撃と回避を使って避けまくり、ボコボコにしていくのが主な戦い方です。

地味な格闘戦でありながら、エフェクトなど演出が派手で攻撃の楽しさもしっかりとあります。

ゴッドリール(必殺技)とゴッドハンド解放(無敵)を使っていけばどんな強敵も大ダメージを与えられるのも基本アクションの難しさと打ってかわってスッキリできる点でありよいです。ゴッドリールに至っては演出も派手。解放は金ぴかになってゲージが無くなるまでやりたい放題。

 

敵もやたらと強く、難しさも凄いですがクリアすれば達成感もあり、おバカなED曲も聞けて楽しいです。

クリアまでも何度も言うように難しいですが、敵の攻撃を避けて倒せた時の達成感、シビアな攻防を切り抜けた快感など他のゲームよりも何倍も味わえるゲームです。

ただ、引継ぎやステージセレクトが無いのが難点。

 さいごに

PS2のアクションはシリーズで続いているものも多く選出に困りました。

CAPCOMのソフトが多いですね。

おわりです。ありがとうございました!