ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

おすすめゲームランキング プレイステーション アクション編 15選

どうもヌージです。

今回はおすすめゲームランキングのプレイステーションのアクション編です。

15選です。

評価や感想など書きつつ紹介していきます。

やりこみ具合などによって評価や感想など差がでますが、興味を持ってもらったり、楽しんでもらえれば幸いです。

 おすすめゲームランキング プレイステーション アクション編

第15位 がんばれゴエモン〜宇宙海賊アコギング〜

がんばれゴエモンシリーズのSFCソフトの3の要素を受け継いだ、町を拠点にステージをクリアしていくタイプのゴエモン。

今作ではゴロク、ババンの二人が使用できるのも特色で他の作品に出ていないので二人を使用できる点でも独自性がある。

キャラを使い分けて、敵を蹴散らしていきながら、ボスを倒していくという、従来と同様の楽しさはある。

しかし、難易度がシリーズの他作品に比べかなり高く、ステージがやや長く難しい、ボスが固いという点もある。

スーパーファミコンのゴエモン作品に比べられがちですが、結構好きな作品。 

第14位 スパイロ・ザ・ドラゴン

ドラゴンを操作して仲間を助けつつ、ボスを倒していく3Dアクション。

アクションゲームは主人公が人間なのが多い中、ドラゴンなのは独自性があり、それによってドラゴンらしいアクションがあるのでまた違う楽しみ方ができる。

操作も特に難しくなく、ゲーム全体としての難易度も高くないので万人に楽しめると思われます。

第13位 ペプシマン

CMで登場したペプシマンを操作する、強制スクロールゲー。

というか避けゲー&破壊ゲー。

基本的に単純なアクションで避けていけばいいので、わかりやすく楽しめる。

第12位 MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER EX EDITION

AC版、SS版にあるX MEN VS STREET FIGHTER EX EDITIONのPS版。

PS版の今作(格ゲー)はSS版に比べると、容量の関係で劣化版と言われています。

当時はそういうゲームハードの性能面など気にしていなく、マーヴルキャラとストファイキャラが戦えるのが楽しかった思い出。(というかこれでマーヴルキャラを知るw)

ただ、こちらは必殺技やハイパーコンボをハイパーコンボでキャンセルできる違いもあったりする。(ハイパーキャンセル)

メカ豪鬼で遊ぶのが楽しかった。

 

第11位 ボンバーマンランド

おなじみボンバーマンの要素もありつつ、たくさんのミニゲームをまとめたものが今作。ミニゲームの種類も豊富でたくさん楽しめます。

反射神経も使うもの、記憶力がいるもの等。

テーマパーク内をうろうろしてピースを集めていくのもちょっとした探索、謎解きのようで面白いです。(ただちょっと量が多いです)

ちょっとの時間でもできたり、長時間するにも楽しめるゲーム。

第10位 From TV Animation ONE PIECE グランドバトル!2 

アラバスタ編までのキャラが登場。

グランドバトルの続編だけあって、システムを受け継ぎつつ、プレイキャラが増えるなどのボリュームアップ、操作性などシステム面の向上が見られています。

キャラゲーあるあるのキャラだけの内容はあんまりということがなく、格闘ゲームとしても操作しやすく、格闘ゲームが苦手な方でも楽しみやすいと思います。

ただ、バランスが偏っている面があって、シャンクスと投げ技(ガード不能)持ちがかなり強かった記憶がw

第9位 ストライダー飛竜1&2

敵をズバズバ倒して、スピーディーに進んでいく非常に疾走感のあるアクション。

難易度もそこまで高くなく、敵を倒していく爽快感も味わえる。

BGMも良い。おすすめ。

第8位 ストリートファイターZERO3

 ISMというスタイルを選べ、それによって色々なコンボができたりとストリートファイターシリーズの中でもシステムの幅が広く面白かった。

キャラ数も多く、たくさん選べる。

第7位 BIOHAZARD 3 LAST ESCAPE 

バイオシリーズおなじみの恐怖感が新たな強敵「追跡者」の登場で倍増。

ドアを開けて落ち着いたと思ったら追いかけてくる。怖すぎ。

イベント時にライブセレクションで選択を迫られることで緊張感をさらに生み、プレイにのめり込めるのも恐怖感がありながら今作の良いところです。

クリア後のミニゲーム「マーセナリーズ」が追加されたことでメインストーリーに加えての面白さを発揮。

ゴールまでの残タイム、撃破数などで評価を得られる。このモードクリア後獲得賞金で武器解放のためにもなるが、やりこみ要素にもなる。

というか個人的に以降のバイオハザードのメインというくらいの楽しみになる。

第6位 ロックマン8 メタルヒーローズ

シンプルな操作性ながら、高難度な8面と8ボスをクリアしていくロックマンのPS作品。

他のロックマンに比べ爽快感が増し、難易度も低くなっている。

ネジを集めてロックマンを特殊武器だけでなく強化できるのも良い点。

万人にプレイしやすいロックマンと言えます。

オープニング曲もカッコイイ。

第5位 クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周 

過去2作よりアクションが増えたり、乗り物ステージが増える、妹ココが使用可能になる等、面白くなった要素がたくさん。

アクションゲームで気になる難易度もちょうどよいバランスに思える。

タイムアタックなどのやりこみ要素がかなりあり、アクションに慣れていないと難しい反面、アクション初心者から上級者まで幅広く楽しめる。

第4位 立体忍者活劇 天誅

ステージごとに決められた任務を独自の方法で達成していくのが醍醐味のステルスアクションゲーム。

 

忍者らしく忍具を上手く使いこなし全く見つからずに迅速にクリアするのが最も評価は高くなる。

しかし、攻略ルートは決められたものはなく、見つかりながらも進んで行けたり、鉤縄を使いこなし違ったルートから行ったり多様な楽しみ方ができる。

雑魚敵は見つからずに攻撃すると一撃で倒せる忍殺となる。このゲーム特有のシステムでもあり、楽しみ方の1つとも言えます。

派手なアクションや敵をズバズバと倒していくゲームとはまた違う面白さがあります。

第3位 悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲

従来の悪魔城シリーズと異なり、スクロールアクションゲームではなく、探索型アクションゲームとなっていて、レベルアップや装備を集めるなどRPG要素も強い。

難易度も従来のシリーズより低くそのため、アクションが苦手な人もプレイしやすいです。

アクション面では、装備の多さや多彩なアクションで敵やボスを倒す面白さもあります。

また装備を集める、場内を探索していくワクワク感もあり面白いです。

第2位 METAL GEAR SOLID

ステルスアクションゲームの代名詞と言えるゲーム。

アクションゲームながら現実にも関係するテロ、核兵器、クローンといったテーマにも触れシナリオのクオリティはとても高くメッセージ性もあり、考えさせられるようなもの。

無線システム、ムービー演出、音楽、声優の演技力等によりプレイできるゲームとも言えます。

隠れつつ進行し、時には警備兵や強敵と戦ったりとアクション要素も面白い。

全てにおいて評価の高いゲームです。

第1位 ロックマンX4

ロックマンXシリーズがSFCからPSになったことで、グラフィック、音楽、アクションなどあらゆる面で進化した作品。

進化しつつ、従来通りステージ進行の疾走感や敵を倒す爽快感もあり、やるたびに上達できるアクションも健在。

難易度も比較的低いので、今作が一番多くの人にプレイしやすい難易度だと思います。

さいごに

 個人的にはこんな感じです。

1位に関しては一般的に考えるなら多くの点でMETAL GEAR SOLIDだと思います。

メジャータイトルが多いですが、やはりそれらは面白いですね。

 ペプシマンとMARVELVS以外はゲームアーカイブスにもあったと思うのでPS3などでもプレイできます。

おわりです。ありがとうございました。