ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 たまに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

個人的ゲームランキング ゲームボーイアドバンス編 10選

どうもヌージです。

今回は個人的ゲームランキングのゲームボーイアドバンス編です。

遊んだソフト数が少ないのでジャンルまとめてのランキングとします。

10選です。

感想や評価なども軽く書きつつ紹介します。

個人的ゲームランキング ゲームボーイアドバンス編

第10位 ロックマンゼロ

ロックマンXシリーズの100年後の世界のゼロが主人公の2Dアクション。

ストーリーだけでなく、アクション性もXを受け継いでいて、ほぼ同様のアクションが楽しめます。

なので、Xシリーズが好きな方、ゼロが特に好きだった方は世界観に入りやすく、プレイもしやすいです。

ただ、Xシリーズに比べ難易度が上がっているように感じました。

第9位 ポケットモンスタールビー・サファイア

大人気作ポケモンのGBAでの新作。

ハードが変わったことで機能向上によりグラフィックも良くなり、フィールドだけでなくポケモンのアイコンもわかりやすくなったりと特に視覚面での良さが上がりました。

金銀までは赤緑と繋がりがあったものの今作は無いため、より万人にプレイしやすくなったポケモンといえます。

ルビーを買ってやっていたのでここではルビーを紹介。

グラードンの方がカッコイイとか思って買ったと思いますw

第8位 マリオ&ルイージRPG

スーパーマリオRPGから受け継いだRPGのマリオシリーズのGBAでの作品。

今作は単独のアクションでなくタイトルのようにマリオとルイージ2人のアクションでゲームを進めていき、戦闘もする。

あいかわらずRPGながらアクションがあるが、わかりやすくアクションが苦手な方もやりやくなっている。

元祖スーパーマリオRPGやマリオストーリーとも違った雰囲気でシステムは似ていてもより楽しめると思います。

兄弟二人いることでコミカルな雰囲気が強く、ストーリーや道中も面白いです。

第7位 バトルネットワークロックマンエグゼ

アクションのロックマンから新たなロックマンが誕生した作品。

世界観も面白く、現実世界とプラグインすることで家電など内部の電脳世界を冒険できるという今ほどインターネットが発達していない時にネットの可能性を感じれる作品でもあった。

システムは3×3のマスでロックマンを動かしながらデッキ内にあるをチップ選んで戦闘するカードバトルとボードゲームが混ざったようなアクションRPG。

いろいろ混ぜ込んでいるように思うシステムも思いのほかわかりやすく、戦闘もやりやすいです。

強敵相手にも試行錯誤しカードを組んでアクションしていけば高評価で倒せたり、その敵からゲットしたもので違う敵を倒したりと達成感もあり、面白いです。

第6位 メイドインワリオ

ミニゲームの寄せ集めというと言葉が悪いかもしれませんが、本当に単純なミニゲームを集めたゲームが本作です。秒で終わるものです。

ワンボタンでできるものや簡単な十字操作でできるので、ゲーム自体やらない方やアクションが苦手なユーザーにもおすすめです。

おすすめ度だけでいえばこのゲームを1位にしていいと思います。

ちょっとやるだけでもあり、スコアアタックでやりこむのもありと色々遊べます。

ただ、本当にミニゲームだけなので、ゲーム性がうんぬんとか飽きずに長時間やるというタイプのゲームではないですw

短さゆえに飽きやすいとも言えます。

第5位 トルネコの大冒険2アドバンス不思議のダンジョン

PS版の移植作品。バランス調整やバグ修正がされた。

そもそもPS版はプレイしていないので、そこには言及できませんw

しかし内容としてはストーリー追加やダンジョン追加などは無いので同様です。

ローグライクゲームならではのダンジョンに潜って武器を拾ったり、敵と遭遇した時にどう対処するか、フロアの罠を慎重に対処するか強引に進むかなど、プレイしながら色々考えながらできて楽しい作品です。

初期の商人から戦士と魔法使いに転職できて、違ったプレイングもできるので、プレイの幅も広いです。

とにかくやりこみ要素は充実。

第4位 黄金の太陽 開かれし封印

グラフィックの良さと戦闘曲を始め、音楽の良さといった演出面が特に良い点だと思う作品。

戦闘もシンプルでわかりやすく、ジンを使って強力な召喚をしたり、派手な技を使う時のカッコよさ、爽快感もあります。

エナジーを使って謎解きしつつ世界を冒険していくRPGらしさもあります。

第3位 黄金の太陽 失われし時代

開かれし封印の続編でありストーリーも前作のエンディング後となっている。

前作キャラも登場してストーリー進行で再び使えるなど熱い展開もある。

演出面では前作に続きとても良いです。

隠しダンジョンやボスなどやりこみも増してやりごたえがある、世界の舞台が広がったことで広範囲を冒険できるように。

前作の引継ぎをするかどうかでゲームプレイが結構変わるのが難点に思います。

その引継ぎもちょっと面倒。

世界の移動手段に不便さがあるところも面倒。

第2位 キャッスルヴァニア暁月の円舞曲

暁月(あかつき)の円舞曲(メヌエット)。ワルツではないです。

従来の悪魔城の横スクロール2Dアクションではなく、月下の夜想曲と同様の探索型のアクション。GBA3作目、前作とは違いスピーディーなダッシュは無い。

アクションながらレベルアップなど育成要素がありRPG要素も同じくあります。

音楽は非常に良いです。

月下と同様にたくさんの武器を装備できるのも良い点。

主人公蒼真の独自システムにより固定の場所にあるものや敵からソウルを獲得できて、装備することで能力が上がったり、攻撃に使えたり、移動などのアクションに使えたりと収集要素がありつつ、機能面でも活用でき面白いシステムになっています。

アクション難易度も適度にあり、丁度良い難易度だと思います。

やりこみ要素もあり、やりごたえも十分。

 

発売当時よりも人気により中古でも値段が高騰しているのでWiiUバーチャルコンソールで買った方が正直いいです。 

第1位 キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲

 

月下の夜想曲のシステムを受け継いだ作品。

基本的な探索型悪魔城というシステムは同様ながら今作ではLRボタンのダッシュがあることでスピーディーで探索、操作ができて爽快感がかなりあります。

月下ではいろいろ武器を装備できたが、主人公が従来の作品と同様のベルモンドであることで武器は鞭(ヴァンパイアキラー)のみ。

多様さは好みが分かれると思うポイントではありますが、武器も1つなのでシンプル。

ダッシュがあることでシンプルな武器と操作性、爽快感を重視しているとも言えます。

 こちらも発売当時よりも人気により中古でも値段が高騰しているのでWiiUバーチャルコンソールで買った方が正直いいです。

さいごに

個人的なおすすめ10選はこんな感じです。

ジャンルフリーですが、だいたいRPGとアクションですねw

こんな感じなんだと楽しんでもらえれば幸いです。

 おわりです。ありがとうございました!