ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【逆転裁判】ナルホド、ヤッパリこれは逆転裁判!「映画逆転裁判」感想

どうもヌージです。

Amazonプライムを見ていたら、逆転裁判もプライム対象になっていて当時気になっていたものの見ていなかったので見てみました。

原作ゲームもプレイ済みなのでそのことも踏まえながら書いていきます。

ネタバレありです。

映画「逆転裁判」

↓公式サイト

映画『逆転裁判』公式サイト

あらすじ、解説

 2001年の発売以来、シリーズ累計410万本を売り上げているカプコンの人気法廷バトルアドベンチャーゲームを、「クローズZERO」「十三人の刺客」の三池崇史監督が実写映画化。犯罪の増加に伴い3日以内に被告人の有罪・無罪を決定する「序審法廷」システムが採用された日本。弁護士と検事が限られた時間内で裁判と捜査を同時に行い、なによりもスピードが最重要視される法廷を舞台に、新人弁護士の成歩堂龍一が、持ち前の正義感と依頼人を信じる心を武器にライバルの天才若手検事と戦いを繰り広げる姿を描く。主人公の成歩堂役に成宮寛貴、ライバルの検事・御剣役に斎藤工。

映画.comから引用

内容

早速ネタバレになってしまいます。

事細かには書きませんが、ゲームの初代逆転裁判と同じです。

ただ、映画の尺や都合もあり、一部改変や変更などされています。

なので、原作をプレイ済みという方は展開がわかります。

それ以外の方は新鮮に見れます。

感想

キャストと原作のキャラを比べて

ゲームや漫画などを実写化すると、どうしても原作と比べてしまいどうのこうのという感想が出てくる。

今作もゲームが原作なので、比べてしまいます。

そこで僕が思ったことを。

まずゲームに登場するキャラ達はなかなかにキャラが濃く、服装も独特なものが多い。

それを実写に反映するとなるとコスプレになるわけですが、キャスト達に思いの外似合っていると感じれた。

原作のキャラをよく再現されているなと素直に思います。

配役

これも大体キャラと俳優、女優がマッチしていたのではないかと思う。

服装や演技もあってよりそう見えるのかもしれませんが。

特に見る場面が多い主役の成歩堂龍一役と御剣怜侍役である成宮寛貴と斎藤工は、原作キャラの雰囲気をよく引き出せていた。なので、そんなに違和感なく見れたのも良い点。

ああ、こんな感じだと見てて思いました。

なにより合っていたのは、大沢木ナツミ役の谷村美月。

演技も原作っぽく良かったがなによりビジュアルが似ていた。

狩魔豪役は北大路欣也が見た目だけで考えればいいかなと最初見てて思ったが、映画が進んでいく上で演技を見ていると、原作のキャラっぽい雰囲気が出ているなと思えてきました。さすがは、海外映画にも出ている石橋凌といったところでしょう。

 

ただ、糸鋸圭介(イトノコ刑事)役は大東駿介じゃなくて、もうちょっとムサイ感じの俳優で良かったのではと思った。演技はイトノコ刑事っぽかったです。

音楽

 

作中の音楽も裁判の緊迫した雰囲気にあっていた。しかし一部で原作の音楽を使うシーンがあったが原作の音楽の良さが光ると同時にこちらをもっと使ってほしかったという思いもあります。

既プレイ済みだから尚更そう思ってしまうのかもしれませんが、やはり作中の雰囲気により合っていて原作曲の流れているシーンは魅入ると思いました。

本編感想

上記の部分でも触れたが、一部改変などあるものの原作をよく再現していた。
原作である裁判中に証拠品の叩きつけもCG、VFXで視聴者にもわかりやすく視覚化されているのは面白かったです。
原作のシステムと映画で新しく魅せた映像が裁判の流れをわかりやすくしていました。
原作よりもむしろ見やすいのではとも思ったw

最初は話が駆け足で進んで行くものの、中盤からは1つの事件に対して割く時間が大きくなるので、作品を見ていけると思います。

ちょこちょこあるギャグ要素みたいのはこの作品にはいらなかったと思います。

ただどうしても尺の都合やゲーム中にもあるちょっと無理やりな展開もあるため、プレイ済みでない方は疑問に思う点もあるとみられる。

裁判物とは言え、原作がゲームであることだというのを頭に置いた方が違和感も減るでしょう。

既プレイ済みの方は原作と比べてああこんな流れだったなくらいで見た方が、変に作品に関して悪い感情を持たずに済むかなと思います。

実写映画ですが、原作をあまり破壊せずに再現しつつ尺の中に上手く収めたのは良い点と思いました。

ファンタジーものではなく、裁判物という再現しやすい題材だったのも映画化に良かったのかなとも考えられます。

 

おわりです。ありがとうございました!