ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 たまに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

ホワイトハウス未曽有の危機!【エンドオブホワイトハウス】を映画レビュー

どうもヌージです。

今回は映画「エンドオブホワイトハウス」のレビューを書いていきます。

この映画は現在Amazonprimevideoで無料視聴可能です。

 

映画のタイトルがドストレートですが、そういう映画です。

ホワイトハウスの危機。 

 

映画情報は映画.comから出典、引用。

https://eiga.com/movie/77981/critic/

 

エンドオブホワイトハウス

あらすじ

アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生。大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求する。誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出すが……。

映画.comより出典

レビュー等

世界でも最高峰の戦力を持っているとされるアメリカ、しかも中心部であるホワイトハウスが襲撃され、大統領が人質になってしまう。

当然警備やら監視やら厳重にされているしちょっと無理があるように思えるが、テロというのは予測外に起こりうるものなので、無いとは言いきれないです。

現実にも、もしかしたら起こりうるものかもしれないということも考えさせられる。

そんなテロ行為への警戒と注意の重要性を訴えているとも思います。

 

しかしながら一人の元シークレットサービスが大勢のテロリスト相手に無双していくのは爽快感があります。

マイク・バニング役のジェラルドバトラーのアクション、カッコよさが光る映画と言えます。

大勢のテロリストがいる中で一人で大統領を含めた人質を救出に向かう、敵を倒す。というの無茶苦茶感が否めませんが(笑)

 

また人質を捕らえ、要求のために暴力を振るったりするところは、残虐であり、緊張感もすごいです。

 

アクション映画というよりも出演俳優も豪華であり、緊張感のあるヒーロー映画であると僕は思います。

 

おわりです。ありがとうございました。