ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【DARKSIDERSⅢ】ソウル要素を取り入れた新たなダークサイダーズ

どうもヌージです。

今回はDARKSIDERSⅢのレビューを書いていきます。

ダークサイダーズシリーズは1、2共にプレイ済みです。

なにかしら参考になったりすれば幸いです。

DARKSIDERSⅢ

f:id:nujiblog:20190918142915j:plain

日本発売日2018年12月27日発売(ダウンロード版のみ)

ゲームソフト | Darksiders III | プレイステーション

北米版はパッケージ発売有り。日本版PS4で起動可能、字幕および日本語対応。

2019年9月のPlaystationPlusフリープレイ。

ジャンル:アクションアドベンチャー

発売: THQ Nordic 

開発:Gunfire Games

キャラクターデザイン:ジョー・マデュレイラ

 ストーリー

引き続き、ヨハネの黙示録の四騎士を題材としたもの。

今作は四騎士の中で紅一点のフューリーを操作して、七つの大罪を追っていく任務を課せられる。

時系列的に1の前日譚になっている。

内容、システム

今作は1に近いアクションアドベンチャーとなっている。

それにデモンズソウルやダークソウル要素を取り入れたソウルライクものになっている。

簡単に言えばゼルダの伝説とゴッドオブウォーにダークソウル混ぜた感じ。

システム

メインの武器であるスコーンの棘(鞭)を軸にストーリー進行によって入手するホロウを使い分けながら探索、攻略をしていく。

ホロウは武器や移動アビリティを使えるようになる。

ガードは無く、回避のみとなっている。

 

敵からソウルを入手してヴァルグリムという悪魔にソウルを渡してレベルアップでき、ライフ、強度、魔法のいずれかを強化できる。

ヴァルグリムはアイテム屋も兼ねている。

ソウルシリーズと違って死亡時にソウルを落として、再度死亡してもソウルが無くならない。

戦闘、難易度

戦闘及び全体的な難易度としてはそこそこな難しさでアクションゲームとしてはちょうど良いくらいかと思える。

ノーマル的な難易度でも敵からのダメージは結構食らうので、結構死ぬ。

最高難易度でプレイしてクリアしたが、とんでもなく難しいということもなく、試行錯誤すれば攻略可能。がダメージは当然増えるので、雑魚にも油断するとあっさりやられる。

というよりレベルアップによるステ上げの比重が大きい為、レベルを上げればなんとかなる。

f:id:nujiblog:20190918154018j:plain

 

謎解き要素は周囲を見回し、手に入れたホロウを使い分けていけば攻略して行けるものとなっていて極端な難易度ははない。

戦闘に関してはうまい具合に敵の攻撃を読み攻撃したり、避けてカウンターをかましていくもので、強敵だと攻防が楽しい。

グラフィック

アメコミの第一人者であるジョー・マデュレイラ氏がダークサイダーズシリーズはキャラデザや設定を担当しているためアメコミ調のグラフィック。

f:id:nujiblog:20190918160749j:plain

f:id:nujiblog:20190918160803j:plain

実写のようにキレイというものではないが、こちらもアメコミ感を出しながらキレイに感じる。

好みの問題が大きい部分であると言える。

f:id:nujiblog:20190918161115j:plain

ステイシスホロウに変身すれば、ほぼX-MENのストームっぽい見た目に。 

 評価点、良い点

  • 新しい要素
ソウル要素を取り入れ、ダークサイダーズらしさも残しながら新たな試みで、シリーズ物でありながら新鮮な気持ちでプレイできる。
女性キャラ、今までの2騎士とは違う武器という違った要素も面白い。
  • シリーズ伝統のグラフィック

アメコミ調のグラフィックで、アメコミ好きはたまらない。

ハードもPS4、XboxOne世代で基本的なグラのキレイさも進化。

  • ソウルライク

ソウルシリーズっぽくなったことで戦闘の攻防の緊張感が増したように感じる。

カウンターが気持ちいい。

  • ホロウの使い分け

ホロウの使い分けで敵の攻略からフィールドの探索、攻略まで使い分けがあり面白い。

フィールドのパズル要素では使い分けが活かされている。

問題点、悪い点

  • バグ

バグが多い。ちょこちょこある。

f:id:nujiblog:20190918170313j:plain

ヴァルグリムは台座のような所から出現するが、無い場所がある。
近づけば出てくるので、問題は無いが絵面的におかしい。

f:id:nujiblog:20190918170437j:plain

少し下の向かいへジャンプしたら壁の中にいる状態に。
出られないのでリセット。

f:id:nujiblog:20190918170531j:plain

ボスも埋まる。
ボスはHPが半分程になると力を解放し、攻撃パターンが変わってくる。この場合半分にしたら出てきた。
出てこなかったら、埋まったままボコれるので、アクションが苦手な方は良いのかもしれないが…
  • 難易度

戦闘面と難易度の箇所でも触れたが、難易度そのものよりレベルを上げて攻撃面にポイントを振り分けたり、武器強化すればなんとかなる。

そもそもノーマル相当でもベリーハード相当でも食らうダメージ以外あまり変わらず割とゴリ押せる。

ノーマルでもそこそこ難しく割と死ぬので、難易度の壁があまり無い。

ただ慣れれば上の難易度も攻略していけるのは良いともいえる。

  • 翻訳しきれていない

f:id:nujiblog:20190918174557j:plain

f:id:nujiblog:20190918174617j:plain

f:id:nujiblog:20190918174634j:plain

日本語字幕、日本語対応となっているが、所々翻訳しきれていない箇所がある。
画像はその一部、日本語になったり、英語だったり少しややこしい。
トロフィーでも英字が混ざったりしている。
  • DLCが無い
文字通りニューゲーム+やDLCが無い。
トロフィー画面では確認できるが、日本版では現在ストアに無い。
Steam版ではある模様。

まとめ

前作のRPG要素は無くなり、1のシステムにソウル要素を足したような今作。

一部悪い点があるものの、ソウルシリーズのような戦闘のテンポとレベルアップで強さを実感でき、強敵もパターンを覚えてカウンターする楽しさがあり、今までとはまた違うダークサイダーズ。

探索での強化アイテム収集、それによって武器強化とアクションアドベンチャーの基礎的な楽しさはあります。

おわりです。ありがとうございました!