ヌージブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【ライズ オブ ザ トゥームレイダー】人気シリーズの再始動2作目 不死の秘密「神秘の源」を求めて冒険!【レビュー・評価】

ライズオブトゥームレイダーをプレイしクリアしました。

レビュー・評価など書いていきます。

プレイするにあたっての参考になったり、レビューを楽しんでもらえれば幸いです。

 ライズオブザトゥームレイダー

f:id:nujiblog:20200914094853j:plain

発売日:2016年10月13日

ジャンル:アクションアドベンチャー

 

タイトルにもあるようにトゥームレイダーシリーズのリブート作品の2作目であり、かつ続編。

前作の完全版がPS4、Xbox Oneでも出ているが発売から次期経ってからで、今作は最初からどちらの機種も対象となっていてPS3版はないため(Xbox360版はある)実質

PS4XboxOne世代初のトゥームレイダー作品。

 

前作はプレイしていないのでシリーズで言えば今作のみのレビューとなります。

リブートされてこちらのトゥームレイダーシリーズと別物ですが、初代トゥームレイダーはプレイしましたがほぼ覚えていなくて、むしろ映画の方が覚えているというレベルなので全体的にニワカです。

 

初代からそうですが、シリーズのストーリーはめっちゃザックリ言えば主人公ララ・クロフトが古代の知識や秘宝を求めて世界中を旅するもの。

今作ストーリーは前作からストーリーが続いていて、前作で不死の軍団を発見したことにより父の研究していた不死の秘密「神秘の源」が実在するのではと考え、父の正しさを証明するためキーワードとなる預言者を探し旅に出るというもの。

 

前作をプレイしていた方がもちろんわかりやすいだろうが、基本的にゲーム内で出てくる用語・情報などは独立している。

前作の地の話などは特に出てこない。

今作の冒険の地に関わる情報なので特にシリーズ物として見なくてもすんなりプレイできます。(特に気にせずできた)

ゲーム開始から入り組んだ遺跡で始まり、正に遺跡探検で古代の秘宝を探すという

ワクワク感を引き立ててくれます。その後秘宝を追う謎の組織トリニティと対立しながらシベリアに神秘の源があるという情報を掴みシベリアに向かい、神秘の源を探す為失われた都市キーテジへそしてさらに冒険していくものという一本の話なのであっちこっちに話が行かなくて解りやすいです。

 

冒険してアクションまたはステルスで敵を倒したり、たくさんの文献やレリック(お宝)など探したりと正に自分が冒険している様です。

その冒険していく中で隠された洞窟(作中でトゥーム)などでより強いアスレチック要素もあり、その中で謎を解いていきアドベンチャーゲームとして面白いです。

これらの遺跡・洞窟・新たな地といった冒険の地も美麗なグラフィックでさらにトゥームレイダーの世界に引き込まれます。

古代の秘宝を求めていくだけあり、冒険の地は過酷な地形も多く、進んで行くのがハラハラドキドキします。

上述したように今作はアクションアドベンチャージャンルではありますが、冒険要素アドベンチャーとしてゲーム性が強いです。

 

もちろんアクション性もありますが、ストーリーモードにおいては強くは無いです。(マルチは

敵とやりあって楽しい、ボス戦が強敵と言うタイプとは違います。

 

秘境・遺跡・洞窟を冒険したい。というアドベンチャー部分を楽しみたい方向けの作品だと思います。

評価点・良い点

グラフィック

f:id:nujiblog:20200914132042j:plain

よくレビューで言っていますが、この世代のゲームはグラが良い。

今作もご多分に漏れず良い。

上の画像の様に人物は実にリアル。

f:id:nujiblog:20200914133544j:plain

f:id:nujiblog:20200914133553j:plain

f:id:nujiblog:20200914133603j:plain

冒険する場所の関係で雪や氷が多く、その質感も伝わってくる。

遺跡も古さを感じながらどこか神秘的な感じがある。(気がする)

とにかく冒険するにあたってその世界にのめり込めるグラであるのは嬉しく良い点。

チュートリアル・マップ・UI

これも最近のゲーム特に人気作では当たり前とも呼べるくらい便利になったところ。

見てわかる、やってわかるというゲームのしやすさの基準が高くなっている。

今作も色々な部分で分かりやすいと思う。

だいたいなにをするかわかるし、チュートリアルも適宜表示され進めたりできる。

表示されなくてもララがこうしろと喋るし。

マップも見やすくモノリスなど解放していけばサバイバルキットや金貨などもある場所が一目瞭然。

インスティンクト

f:id:nujiblog:20200914135246j:plain

R3ボタンで目的地、マーキングした宝・文献の位置、利用できるアイテム・ギミックと視認できるシステム。

洋ゲーだとよくあるやつ。便利システム。 

インスティンクト・鷹の目・最近のゲームで言えばツシマの耳澄まし。

アドベンチャージャンルではもはや当たり前の様にある。

ボリューム

しっかりとある。

ストーリーを追うだけでも十分プレイした楽しさがある。

なによりストーリーが映画のような迫力と引き込まれる世界観があり、実際過去作が映画化されたように今作も映画化してもおかしくないほど。

それでいて、収集品・隠し洞窟や遺跡(トゥーム)と寄り道もあり遊ぶ要素はたくさん。

プレイしていないがマルチ要素もある。

ソロでノーマル相当の難易度をプレイしてクリアまで50時間くらいかかった気がする。

寄り道も含みますが。

不満点・問題点

洞窟・遺跡侵入時の地図

上記した様に基本的にわかりやすさはある方のゲームだとは思う。

しかし、洞窟や遺跡に入った時も地図が切り替わらず、地形が表示されず入り口から先のアイテムなどだけマーキングされていくのは見づらい。

といってもプレイにそこまで支障は無いので、よくばりかもしれないが不満点があるのはここ。

戦闘時の一部の地形

慣れと腕前で大きく変わると部分だと思う。

一通りプレイし、特に終盤に強く感じた。

敵と戦闘時に遮蔽物があまりない。

なので避けようが無いしダメージを喰らう。しかも敵は進んでくる。

状況的にも敵が押し寄せてくる所、追い詰められているからそうといえばそうである。

またそのことから単発で攻撃する武器より爆発物・毒ゲーと化す。

まとめ

PSからのPS4世代までシリーズをジャンプしてしまったこともあるが冒険もの作品としてグラフィックをはじめとして遺跡の謎解き・アスレチック要素、古代の未知の場所を進む楽しさと圧倒的に進化したトゥームレイダー。

上述しましたが、秘境・遺跡・洞窟を冒険したい。というアドベンチャー部分を強く楽しみたい方向けの作品だと思います。

おわりです。ありがとうございました!