ヌージブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【SWBF2】スターウォーズバトルフロントⅡがかなり面白かった!【レビュー・評価】

どうもヌージです。

久しくゲームレビュー的なものを書いていませんでしたが、先月フリープレイで配信されて遊んでいたゲームについて書いていきます。

先月書こうとしたらハマっていて書くのが遅くなってしまいましたw

プレイしての感想やここがどうだったとか良し悪しを書いていきます。

ぼくは、シューティングジャンルはほぼプレイしないのに加えて、得意な方ではありません。

その事も含めて見てもらえればと思います。

もうフリープレイではありませんが、これから買ってやってみようという方の参考になったり、記事自体楽しんで読んでもらえれば幸いです。

ちなみに映画は123456のみ観ました。

スターウォーズバトルフロントⅡ

f:id:nujiblog:20200711095122j:plain

2020年6月のフリープレイで配信されていたスターウォーズバトルフロントⅡ。

以下SWBFⅡ。

2017年11月17日発売。

前作2015年発売のスターウォーズバトルフロントのシステムを受け継いだ続編。

どんなゲームか?

スターウォーズエピソード9までの登場キャラたちを操って戦うアクションシューティングゲーム。FPS・TPS。

オリジナルのEP6とEP7の間のストーリーを楽しめるキャンペーンモード。

それ以外に数多くのプレイモードがあり、多人数マルチでの対戦からCP相手のCOOPプレイやシナリオモードと色んな遊び方ができる。

 

基本的にはマルチプレイのシューティングゲーム。FPS・TPS。

スターウォーズのキャラ達を使えるバトルフィールド(BF)みたいなもの。

同じ会社だし。

兵士やドロイドといった基本兵科を使い相手を倒したり、目標達成してポイントを集めて強いクラスの兵士やヒーローになって暴れる。

f:id:nujiblog:20200711110447j:plain

f:id:nujiblog:20200711110502j:plain

f:id:nujiblog:20200711110513j:plain

上の画像の様にたくさんのモードがあり、時代(作品123・456・789)ごとに分けられている。

ごちゃまぜのモードもある。

FPS・TPS

対戦・対人のFPS・TPSといったシューティングゲーム。

コールオブデューティーやバトルフィールドといった据え置き人気ゲームから基本無料で世界的人気も誇るフォートナイトやAPEXなどそれらの属するジャンルのゲーム。

SWBFもそうである。

これらは対戦がメインであることから対戦に対するハードルが高かったり、実際プレイして相手が強すぎる、足を引っ張ってしまうなどといった理由からゲーム初心者やこのジャンルが苦手な方から避けられがちである。

SWBFⅡから見るFPS・TPS

SWBFⅡも上記した様にこのジャンル。

そして対戦要素が主なゲーム内容である。

しかし、多人数でプレイするモードが主な上に、アーマー(でかい乗り物とか)やヒーロー(ジェダイとかメインキャラ達)を使えばシューティングが苦手でも敵を倒しやすく楽しみやすい。

多人数でプレイするモードが主であるということは良くも悪くも1人の負担はそこまで多くは無い。

なので、他のゲームよりかはプレイしやすいと思います。

スターウォーズのゲームという事で映画が好きな方も入り込みやすいと思います。

よく対戦ゲーム内である自分の成績やスコアというものがその試合中だけのものなので、そういうのに拘らなくてもいいのが良い点でもあります。

FPS・TPSというよりお祭りキャラゲーとしての部分が結構あります。

シューティングにはセーバーキャラとかいないですしw

レビュー・評価

良い点・評価点

グラが良い

f:id:nujiblog:20200711102957j:plain

f:id:nujiblog:20200711103007j:plain

f:id:nujiblog:20200711103015j:plain

メッチャキレイの一言。

ムービーは特に圧巻。

プレイ中も美麗なグラ、スターウォーズ作中に出てくる場所を舞台に戦う。

どこもキレイであり、景観が良い。

音楽が良い

ステージやテーマといったその場にあったもので良い。

さらにスターウォーズのゲームであることをしっかり活かし、プレイしてヒーローを選ぶとそのキャラの音楽が流れる。

スターウォーズの世界に浸れる。

ダースベイダーを選べばもちろんあれが流れる。

FPS・TPSジャンルにしては遊びやすい

FPS・TPSは対戦・PvPモードがメインであることがほとんど。

ぼくは、ほぼこのジャンルはやらないが全くプレイ経験が無ではない。

オンラインマルチとなるとやはり熱狂していたり、やりこんでいるプレイヤーが多く狭きジャンルである。

未熟なプレイヤーや初心者は淘汰されがちである。

上手い人にボコられる、分からない殺しされるといのはよくあること。

あまり理解していなかったり、足を引っ張ると暴言・罵倒してくるのというのもザラにある。

実体験でもあり、そのイメージも強くこのジャンルを敬遠してしまっている理由でもある。

 

今作もそう。マルチがメイン。

そうなると対戦となるが今作は上記した様に多人数のモードがメインである為、1人の負担がそこまで大きくなく、ある程度の人数で敵の所に行けば味方と協力して敵を倒しやすい。また敵を倒すだけでなく拠点を確保したり、アビリティで支援してポイントも獲得できるため、より強いヒーローなどのクラスになれるのでさらに敵を倒しやすくなる。

さらに今作はスターウォーズのFPS・TPSだけあり、キャラゲーの面も強い為キャラに愛着を持ちやすく、単純なプレイのモチベーションが上がりやすいと考えられる。

モードの多さ

モードが多いことも遊びやすさの1つ。

多人数モードのシュプリマシーやギャラクティックアサルトが主によく遊ばれているモード。

 

しかしそれ以外にも結構ある。

中でもCOOPプレイは遊びやすくシュプリマシーやギャラクティックアサルトなどをプレイしていく上でも重要。

COOPプレイは対COM戦で4人でプレイするモード。

ここでキャラの操作に慣れたり、回数をこなして経験値を溜めてレベルを上げて強いカードを取っていくことが目的。

敵を狙うエイムなどの練習も兼ねることができて良い。

 

さらにはヒーローオンリーのガッチリ対戦のヒーローVSヴィランに至ってはジェダイやヴィランなどのセーバーキャラを使えばもはやシューティングではなくちょっとした格闘ゲーム。

スコアが試合中のみ

このジャンルのゲームもそうだし、格闘ゲームなどでもよくある自分のポイントやランクといった自他ともに可視化できるものが無い事。

ランクゴールドとかキルレートいくつとかそんな感じのもの。

 

1試合ごとのポイントしかなく、個人のIDに紐づいたポイントやランクが無い為、それらを気にせずできるのがプレイしやすい点で良いと思う。

もちろんこれらを上げることを目標にゲームをやり込む事も目標ややりがいの1つであり、無いから良いとも言い切れないが。

キャラがよくしゃべる

一般兵科の兵士をはじめ、キャラがよくしゃべる。

作中の固有キャラであるヒーロー達に至ってはセリフも多く、戦闘中もよくしゃべる。

音楽、ステージに加えてこれまたスターウォーズの世界観に浸れて良い。

悪い点・問題点

あくまで対戦・PvPメインでそういうゲーム

FPS・TPSジャンルの対戦ものとしては遊びやすいゲームと上述したが、あくまで対戦・PvPがメインなのでやりこんで上手い人は上手い。そして他ジャンルよりプレイ層が限定されがち。

当たり前だがそうである。

なので、スターウォーズキャラゲー要素があるといっても基礎があるFPS・TPSジャンルのゲームなので多少はボコられることも覚悟しなければならない。

悪い、問題とまでは言わないが良い事だけでなくこれらをしっかり認識することも重要。

チュートリアルが少ない、UIが解りにくい

やはりジャンル的にプレイ層がある程度考えれられるせいか、アクションなど他ジャンルに比べチュートリアルが少なく、解りにくさがある。

基本的なゲーム経験値が無いとあれをするんだ、目標は何だというのが分かりにくい。

シュプリマシーで船に乗り込むときとか中々気づきにくいと思う。

メニュー画面で言えば、銃の解放条件とか。

マルチでは表示が多いと逆にややこしくなり表示数が少ない指示が無いというのも仕方ない部分もあるが、ストーリーモードと呼べるキャンペーンでもUIがしっかりとしているとは言いづらい。

キャラバランスがおかしい

マルチプレイ、オンライン要素があるゲームでは永遠のテーマ。

どのキャラが強い、弱い。

今作でもある。

そこまでやり込んでいないから的確には言えないが、にわかフリププレイヤーの僕でも感じる部分はある。

おかしくは思うが今作はスターウォーズキャラゲーの部分もあるので仕方なしではある。

結構キャラに沿ったアビリティや仕様で面白いとは思う。

過去に修正でアナキンとかダースベイダーとか弱体化されているようなので調整も入っているのでそこはオンラインの良さでもある。

 

ただ、キャラ単体ならともかく派閥側で差があると厳しいものがある。

特にアーマーのAT-STがあるなしでは結構差がある。

456時代の帝国側が有利が大きいと感じる。

しかし、プレイヤーの腕前で覆すことは問題無いので逆に反乱軍側のプレイヤーが強ければ勝つことももちろん可能である。

なので崩壊してるとまでは言わない。

さいごに、まとめ 

ソフトが発売されていたことは知っていたがジャンル的にあまりプレイしないこともあり、購入もせず、動画やサイトなども特に観ないでいた。

先月フリープレイで配信されて、せっかくなのでプレイしてみると思いの外面白くてハマった。

調べて見ると発売当初からしばらくバランスが悪かったり、キャラアンロック問題などいろいろな事があったようだが(ヨーダだけに)調整やDLCコンテンツ無料解放の賜物もあり、面白いゲームへと変わった。

やはり対戦ゲームというのは前提にありますが、このジャンルを未プレイまたは苦手でも遊びやすいです。

フリープレイの影響で発売から日数が経っているマルチプレイものにしてはプレイ人口も多くマッチングもしやすいですし、初心者が多くわちゃわちゃして遊べますw

僕も得意な方でなくプレイ期間も短いですが、なんだかんだ楽しく遊べています。

スターウォーズ好きなら尚更入りやすく楽しめます。

そうでない方も知るきっかけに良いです。 

間口が拡がればゲーム寿命も延び、様々なプレイ層の方がいてゲームをしていて面白いと思います!

おすすめです!

 

おわりです。ありがとうございました! 

フォースと共にあらんことを。