ヌージのインドアブログ

ゲーム情報・レビュー・攻略 まれに映画のレビューなど書いていくインドアライフなブログです。

【Darksiders Genesis】人気シリーズの新たな視点でのアクションと最後の四騎士「ストライフ」がプレイ可能に!【評価・レビュー】

どうもヌージです。

今回はDarksidersシリーズの新作Darksiders Genesis評価・レビューを書いていきます。

クリア・トロコン済みです。

プレイする上での参考や1つの評価・レビューとして楽しんでもらえれば幸いです。

 Darksiders Genesis

f:id:nujiblog:20200508110925j:plain

発売日:2020年2月14日(PC版は2019年12月6日)

価格:4780円

プラットフォーム:PS4・Switch・XboxOne・PC

 

ダークサイダーズはヨハネの黙示録を題材とした作品であり、その中の四騎士達が主人公であり、今作ではようやくストライフがプレイ可能に。

ダークサイダーズジェネシス以下ジェネシスはシリーズ4作目となる作品です。

4作目ですが、3の続きではなく、初代の前日譚となっていてシリーズを通してプレイしている方はストライフもプレイ出来て、以前の話が分かる為嬉しい所。

未プレイの方でも最初の話として入りやすいかもしれません。

 

今作のプレイジャンルとしてはハック&スラッシュ要素が含まれる、クォータービュー(斜めから見た感じの視点)のアクションアドベンチャーです。

マップを冒険・探索する従来のアクションアドベンチャー型の前作までとは違いステージ選択型になり、一面ずつクリアするタイプです。

それとストライフとウォーの二人を切り替えてプレイできます。

主なジャンルであるアクションアドベンチャーという部分はシリーズ通して同じです。

 

まとめるとストーリーを追っていきながら一面ずつ冒険・探索と収集があり、パズル要素もあるステージをクリアしていくダークサイダーズです。

新しい視点であるクオータービューでのプレイはちょっとディアブロシリーズを彷彿とさせる部分もありましたがいつものですw

ゴッドオブウォーとゼルダの伝説みたいと言われている。

 

ソフトは北米版のみパッケージ版あり。

日本ではDL版のみ。(日本語音声・翻訳あり)

翻訳は前作に引き続き、割とガバっているw

評価点・良い点

親切な部分が多い

メニューを開いた際のUIや装備を手に入れた際のチュートリアルなど色々な点で解りやすい部分が多く良い。

テンポロスなくゲームがプレイできてアクションを楽しめるかつストーリーも把握できる。

特にわかりやすいのが地図入手後のマップ画面。

自分の位置が表示されれば完璧だったが、致し方ないとして入手できるアイテムの場所が表示されているので、そこに行けばなにかアクションを使いパズル要素を突破したりしてアイテムを入手できる。

 

この事も含めて、そもそものアクション部分のコマンドなども複雑ではないためプレイしやすく、全体的にゲームを楽しめる。

アメコミテイストのノリ

ダークサイダーズシリーズはアメコミを手掛けるジョー・マデュレイラ氏などがデザイン、設定に関わっており、登場キャラたちのノリはアメコミテイストである。

皮肉交じりのジョークや臭くて熱い二次元作品なノリが随所に見られる。

今作もそうであり、ヨハネの黙示録を題材にしてファンタジー感溢れる世界観と噛み合う。

そのノリに合わせて気分も盛り上がると思う。

2キャラの切り替え

いままではアクションアドベンチャーゲームで定番の主人公1キャラのみプレイ可能だったが、今作はストライフとウォーの2キャラをプレイ可能でいつでも切り替えられる。

遠距離攻撃主体のストライフと近接攻撃主体のウォーと使い分けができて面白い。

パズル要素となる部分でも使い分けがされていてしっかり使い分けする意味もある。

どちらかがずば抜けて強いと言ったことも無く、状況で使い分けできる。

マルチプレイ追加

クォータービューにしたのもこの部分の追加があるからだと思われる。

オフラインローカル(画面分割)とフレンドのみだがマルチプレイが可能。

2人でもダークサイダーズを楽しめる。

 

問題点・悪い部分

ボイスにエコー

主に活動拠点となるヴォイドなど広い空間や地下、地底とされる場所では会話やSEが響く。(エコーがかかっている)

 

これだけだと普通の事に思える。

しかし会話シーンなどずっとであるため、気になってくる。

なかなか聞きづらい。

翻訳・表示ガバ

f:id:nujiblog:20200508140611j:plain

本作は海外のゲームであり、日本で発売、日本語対応しているのはありがたい。

しかし翻訳されていてもガバっている部分が多い。

ぶっとんでおかしな表記や翻訳は無いがムービー中の字幕と音声が合っていない、表記される文字がおかしい、変なところが色替えで強調されている等が見られる。

バグが多い

ボタンが効かないなどなかなか致命的なものから笑えるものまでバグが結構ある。

作品自体は面白いだけに残念。

遭遇したバグ一覧

  • ボタンが効かない(明らかにコントローラーの不具合ではない)
  • トロフィー、クエストの対象になっている蛇に当たり判定が無い
  • 敵殲滅後に解除できるカギとなるギミック?をノックバックですり抜ける
  • 敵が少し動かなくなる(ボス)
  • 落下するとゲームオーバーになる(通常は少しダメージを食らって近くの足場に戻る

まとめ・最後に

一部気になる部分はあるものの、全体的なプレイのしやすさや難易度で楽しめるアクションアドベンチャーゲームです。

シリーズの最初の話ともなるので、シリーズ入門としても良いです。

PS4やSwitchで過去作もリマスターされていてプレイできます。(3はPS4、XboxOne、PCのみ)

値段も現行ハードの他のゲームと比べてそこそこ安く、その割にも楽しめる作品です。

トロコンもそこまで難しく無いです。

 

終わりです。ありがとうございました!